×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。


〜サイトの平均寿命〜

とある所で、上の言葉がふと目についたので。

そこでは、HPの平均寿命は2年だとか。
また、別のところでは半年だとか。
これは、年々下がってきている、ということだろうか。

私の経験から言えば、サイトを経営していて楽しいのは、長くて最初の一年です。
短ければ、半年もたない人もいるでしょう。
それから考えれば、上の数字はどちらも納得できる数字だと思います。
(私の周りでは、大体2年くらいだと思いますが・・・)

サイトを経営していて「楽しい」と思う時は、ずばり「人が来てくれているとき」です。
それも、ちゃんとした人と言うか、心許せる人というか。
最低限、日本語がちゃんと使える人が来て、掲示板に書き込んでくれているときです。
(まあ、今はWeb拍手とかあるようですが、要するにコミュニケーションが取れてると感じるとき)

当然、HPを閉鎖する理由のもっとも多い理由は、「人が誰も来なった」とか「誰も書き込んでくれない」というものでしょう。
実は、HPはそうそう人が来てくれるもんじゃありません。
更新を頻繁にし、かつ魅力的なサイトでなければ、人は来ないのです。
でも、そんなことができる人って、ほとんどいないんですよね。
いたとしても、それができるのはかなり余裕のある人です。

閉鎖に至る一番多いパターンとしては、
「日常生活の変化」→「ネットなんかやってる暇ない」→「更新できない」→「人がこない」→「サイトを開設している意味がない」→「閉鎖」
な気がします。

もちろん、理由は他にもあります。
嵐さんや厨房さんがいらっしゃって、掲示板で注意するのすら億劫になって、嫌になって止める、とか。
かなり大きなサイトさんが止める時のパターンはこれですね。

さて・・・当HPの場合はどうでしょうか。
開設から三年・・・もう、楽しい時期はとっくに過ぎています。
オフラインでごたごたがあり、更新もままならず。人もほとんど来ない。
何度となく閉鎖しようと考えました。
でも、何故続けているのかと言うと、長く交流の無い人でも、たまに気が向いてHPを訪れた時、書き込んでくれるかもしれない、
ひょんなことから、また交流が始まるかもしれない。
そんな風に思うからです。

こう言う私も、周辺サイトにあまり行かなくなっているのですが、たまに行って残っていると、とてもホッとします。
「何かあったら書き込もう」と、そんな気になります。
でも、閉鎖してしまったら、連絡の取りようも何も無いじゃあないですか。
それはとても寂しいことです。


何故、こんなことを書き込んだかと言うと、周辺サイトが次々と止め、また、ネットで知り合った多くの人が消えていっているからです。
やっぱり、これって寂しいです。
もちろん、その人にはその人の事情があるわけで、HPを閉鎖するのは仕方の無いことだと思います。
ただ・・・そこは、一歩立ち止まっていただけないでしょうか?

あなたのHPを見ている人はいるのですから。
あなたのHPを見に来る人は必ずいるのですから。

「HPは本来閉鎖する必要の無いものである」
どうか心に留めておいてください。