×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。


〜心の病〜

真面目な人。
責任感の強い人。
自分の果たすべき仕事を完璧になしとげようとする人。

このうち、一つでも当てはまる方。
あなたは、精神的な病にかかる可能性が高いと言えます。
ぜひ、意識して気持ちをリラックスさせる時間を作ってください。
病気というものは予防が大事ですから。

一度病にかかってしまうと大変です。


「なんでもしっかりやらなければならない」
→「できない自分を激しくせめる」
→「心が疲れ、何もやる気が起こらなくなる」
→「仕事の能率が下がる」
→「『やる気がない』と叱られる」
→「さらに自分を責める」
→「もっともっと落ち込み、仕事が手につかなくなる」



悪循環。


何が辛いって、自分では
「このままでは良くない」
「迷惑をかけてしまう」
「もっとしかりやらなければ」
と思っているのにも関わらず、心と身体がついていかず周りに迷惑をかけてしまうところです。
自分ではわかっているけど、できないんです。

そんな経験がある人、いませんか?



これが心の問題だからわかり辛いですが、身体に例えると、
100メートルを全力疾走した人に、
休む時間を与えずに繰り返し繰り返し走らせるようなものです。
走れば走るほどタイムは落ちていきますよね。
それを、さらにムチを打つとどうなりますか?
余計に遅くなりますよね。
(この場合、叱ることや励ますことはムチを打つことと道義です)

それと同じことです。

普通の人であれば、自分で休憩を取るんですが、このタイプの人は自分からは休みを取ろうとしない、
と言うより休み方を知らない。
その結果、周りの人より賢明に頑張っているにも関わらず、周りの人に抜かれて行ってしまうわけです。



一度精神的な病にかかってしまうと、

「暗くて、反応が鈍くて、声がどもっていて、だらだらとやる気がなさそう」

に見えます。

でもね。

本当は、その人は

「とても真面目で人に優しく自分に厳しい人」

なのです。
その真面目さ故にそのような状態になってしまっているのです。

けれども、そのことを周りの人間は理解できない、理解しようとしない。
昨今の社会は、そういう人達を置き去りにしているように思います。


だからね。


もしそういう人が傍にいたら、休ませてあげてください。

休み方を教えてあげてください。

それは結果として、あなた自身、あなたの家族、あなたの会社、あなたの地域、
そして社会全体にとっても、プラスになるのですから。

そのことに、一人でも多く気付いてくれることを祈っています。